電子図書のご案内2次のページ [ch0]前のページ


白夜の大富豪

c02979_xl01.jpg事で訪れたロシアで暴漢に襲われたクレメンタインは、駆けつけたセルゲイに救われる。異国の地で起きたショックな出来事も、セクシーな彼からの食事の誘いで忘れることができた。そのうえ、クレメンタインはセルゲイに一緒にNYへ行かないかと誘われた。突然の申し出に驚くが、10代の頃から働きづめの彼女は、つかの間のシンデレラ・ストーリーに浸ろうと思った。しかし彼の言葉に心が凍りつく。
「僕だけを見て過ごすんだ」ああ、私を愛人にしようとしているのね――。



原作:ルーシー・エリス


ロマンスライブラリで読む:ロマンスライブラリ
ebookjapanで読む:ebookjapan


一生懸命仕事に生きようという、健気なヒロイン。魅力たっぷりです。白夜は興味がありますよね。


侯爵の危険な婚約

U2100004726361.jpg祭の娘アジャンタは、村を通りがかったストウ侯爵に、偽の婚約者になってほしいと頼まれる。彼はある理由から三日以内に婚約しなければならないのだという。貧しい家族のために引き受けたアジャンタだったが、ともに過ごすうちに侯爵に惹かれ始める。そんな中、婚約の驚くべき理由を知らされてしまい――!?

原作:バーバラ・カートランド


ebookjapanで読む:ebookjapan


本初のヒストリカル。ドレスやお城など、興奮して描きました(笑)。とても好きなお話です。ヒロインが毅然としていて素敵です。


恋するアリス

c02376_xl01.jpg医学調査員であるアリスは、仕事先でハーリーという名のカウボーイと最悪の出会いをはたした。金物店の入り口でぶつかり大ゲンカをしてしまったのだ。怒りにまかせ「あなたが花婿ショップで売出し中でも買わないわ」と、きつい言葉を言い放ってしまったアリス。しかし翌日、彼への印象は180度変化する。若者にからまれていたところを彼によって救われ、その勇敢さとやさしさに一瞬にして心奪われたからだ。そしてアリスは心のままに彼に自ら結婚を迫った――!!

原作:ダイアナ・パーマー


ロマンスライブラリで読む:ロマンスライブラリ
ebookjapanで読む:ebookjapan

恋するアリス(特典付き)
ebookjapanで読む:ebookjapan

テレビドラマで人気の職業ですが、実際は大変なんだと良く分かりました(笑)。このヒロイン、とても好きです。


天使と悪魔の愛人契約

c02597_xl01.jpgる夏の日、彼は私をデートに誘った。彼は情熱的な眼をしていた。そして2年が過ぎた。私、ルーシーは父の突然の告白に驚いた。父は会社の金を横領していたのだった。このまままでは父は逮捕、収監されてしまう。私は父の会社の新社長のガブリエルに会い行くことを決心した。ガブリエルこそ2年前、私にデートを申し込んだ彼だったのだ。だがやっと会えた彼は、昔の彼ではなかった。話を聞いた彼は、私とベッドをともにするなら、望みをかなえるというのだった!!

原作:キャシー・ウィリアムズ

ハーレクインライブラリで読む:ロマンスライブラリ
ebookjapanで読む:ebookjapan


本来ならうんと暗くなりそうなテーマなんですが、ヒロインの前向きな性格の上、ヒーローがそれに翻弄されて、とてもチャーミングなお話になっています。


シチリアの空と秘密

c02126_xl01.jpg業家と信じて恋に落ちた男性ヴィットーリオが、本当はイタリアに代々続くマフィアの首領だったと知り、彼の子を宿したまま逃げ出したジリアン。だが彼の目を欺いたはずの9か月間の生活が、家も仕事も周りの人間さえヴィットーリオに用意されたものだと知り愕然とする。最初からこの尊大で美しい男から逃れることなど不可能だったのだわ。その上ジリアンは無理矢理彼と結婚させられ、拉致同然にイタリアにつれて行かれることに。そう、これが彼らのやり方なのね…!
原作:ジェイン・ポーター

ハーレクインライブラリで読む:ロマンスライブラリ
ebookjapanで読む:ebookjapan


証人保護プログラムなんて、映画の世界でしか知らないですが、大変な生活なのは察せられますよね…。彼女の疑心暗鬼は分かる気がします。


イタリア貴族の籠の鳥

c02490_xl01.jpgに誘われローマへやって来たリリー。迎えの車に乗せられ辿りついた場所にいたのは弟ではなく、ギリシアの彫刻のように美しい男性、ドミトリ・スカルレッティ伯爵だった! 冷たい蔑みの目でリリーを見据え、彼は衝撃の事実を告げる。ドミトリの個人秘書である弟が、彼の妹と駆け落ちをしたというのだ。さらに弟が連絡をして来るまでリリーを屋敷に留まらせるという。使用人も休暇に入り、誰もいない屋敷に危険な香りのするドミトリとふたりきりになったリリーは…!?

原作:キャロル・モーティマー
で読む:
目録.comで読む:
ハーレクインライブラリで読む:ロマンスライブラリ
ebookjapanで読む:ebookjapan

ヒロインが聡明で毅然としているために、本当の意味での籠の鳥ではないのだけれど。冬の物語は好きです。

次のページ [ch0]前のページ